②エアコン 隠ぺい配管はトラブルが多い!

新築・中古問わず、隠ぺい配管の住宅が増えてきています。
特に今の新築マンションもモデルルーム覗くと、
大体隠ぺい配管のお部屋があります。

日本のマンション3LDKとなると、窓に面していない部屋ができたり、共用廊下に室外機を置いてはいけないルールだったりすると、見栄え重視から隠ぺい配管にしたがります。

使用状況や設置環境にもよりますが
冷媒管の寿命はおおよそ30年くらいと言われています。
エアコン2~3台分の寿命はあるので、新設されている配管であれば、とりあえず安心して使用して大丈夫かと思います。

怖いのは、、、中古住宅の場合です。
例えば、築20年~30年の中古住宅で30年前の冷媒管が隠ぺい配管の場合
ドレンホースも劣化して水漏れの可能性もあることに気づかなければなりません。

既存の隠ぺい配管を再利用する場合は、水漏れのチェックとガス漏れのチェックは必ずしましょう。水漏れチェックは、配管に水を流して、出口までちゃんと水が届いているかは最低限チェックしたいところです。

それかリノベーションの際に隠ぺい配管の配管も新設しましょう。
その際、配管・排水をどうすべきか一緒に考えますので、ぜひお声かけてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です