施工例 エアコン専用電源増設

まず、専用電源とはなにか??

ほかのコンセントの電線とつながることなく、分電盤に直接つながっている電源のことです。
つまり、エアコンの電源が完全に独立していて、ブレーカーが落ちても他の電気が切れることがない状態です。

『今までそんなことなかったし、別に危険じゃないでしょ?』
そうなんです。今まで大丈夫だったから、昔からそうだから、という理由で専用電源を使わずにエアコンを使用されている方、まだまだたくさんいらっしゃいます。

一方で、コンセントが焦げた・ブレーカーが頻繁に落ちる、というご相談も大変多く頂いているのも事実です。

また、家電量販店のエアコン設置業者は専用電源がないと設置不可と断ることもあるくらいです。

専用電源がありません

延長コードで対応していたお部屋。ホコリも積もっていて、いつ発火してもおかしくない状態でした。

分電盤

こちらの分電盤から、新たにエアコン用の電線を取り出し、エアコン専用のブレーカーを増設します。

分電盤から、天井裏に配線を通し新たに専用ブレーカーと専用電源を増設しました。

エアコンは専用電源でないと危ない理由・・・

★使用電力が大きいため、複数の電化製品と同じ回路を使ってしまうとブレーカーが落ちる原因になります。

★コンセント周辺が熱を持ち、最悪の場合火災に繋がる可能性があります。

★コードが足りなくて延長コードを使うのはとても危険です。コードが細い場合、電流に耐え切れず熱を帯び、発火する危険性があります。

***ただし、専用電源がないからといって違法性があるわけではありません。
   安全面を考えると、法律によって義務化した方が良いと、私は思っていますが…。

もし、今現在延長コードなどでエアコンを使用されている方がいらっしゃったら、専用電源増設を今すぐご検討ください!
壁の中に配線を通す隠蔽配線の場合、それなりの費用が発生しますが費用を抑えたモール工事(露出)での対応も可能なので、事故が起こる前に是非ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です