不動産手帳:土地や建物を売却すると必ず税金をとられる?

土地や建物を売った時の税金は、利益に課せられます。

土地や建物を売却しても、必ず税金が発生するわけではありません。
売ること自体で税金は発生せず、利益が出て初めて譲渡所得税が発生します。
たとえ、2億円の土地を売ったとしても利益が出なければ税金は発生しませんし、3000万円の戸建てを売って1000万円利益が出れば、利益1000万円に対して課税されます。
売買代金の大小は関係ありません!

利益が出ないということは、損失が出ていることがほとんどです。
損失が出れば当然税金は発生しません。
損失が出たなら、所得控除できないの?っと、思いますよね。

昔はこの損失を損益通算(ほかの所得から所得を引けた)ができたのですが、今は原則としてできなくなっています。

なんだよ、ケチ!

原則・・・?

そうなんです、自宅売却の場合であれば損益通算できるパターンがあります。
ものすごく簡単に二つ、ご紹介します。

①特定のマイホームの譲渡損失の損益通算と繰越控除

令和3年12月31日までに住宅ローンのあるマイホームを住宅ローン残高を下回る価額で売却して譲渡損失が生じたとき、その年の給与所得などから控除(損益通算)できます。
さらに控除しきれなかったときは、翌年以後3年内に繰り越して控除できます。

②マイホームを買い換えた場合の譲渡損失の損益通算と繰越控

これはそのタイトル通り、マイホームを買い替えたとき旧住宅の売却によって譲渡損失が生じたときは損益通算できるというもの。

それぞれ適用要件が細かくありますが、その年の所得が3000万円超えていたらダメとか、敷地面積が500㎡超えていたらダメとか…。

あと、親子間売買や夫婦間など親族間売買の場合は認められないので注意です!
これが認められると超節税対策になるので、国は認めないんでしょうね。

細かな要件は国税庁HPなどで確認してくださいね!

カーポート、バルコニー屋根工事

今回はカーポートとバルコニー屋根工事を行いました。

バルコニー屋根

バルコニー屋根は突然の雨でも洗濯物が濡れにくくなり、被害が最小限に抑えられますし鳥の糞など空からの攻撃にも効果を発揮します。
あと、日当たりが良い2階ですと、真夏の日差しが厳しくて暑いですが、UVカットの素材にすると日差しが和らぎます。
メリットがとても多い逸材です!!なにより洗濯物を干す竿も設置できるので、物干しがとても楽になります。

カーポート

車の保護にとても効果があります。日差しから雨、寒い時期なら霜から守ってくれます。車の乗り降りの際にも雨に濡れないのが、本当に快適です。車内がびちゃびちゃにならないですし、荷物も濡れません。
付けてみたいけど、結構金額するし…。と悩まれてる方も多いと思います。でも、取り付けた後感想を伺うと早くつけておけば良かった!という声が多いので、それだけの価値はあります!

『全国配送』 YKK レイナツインポートグラン 基本セット 51-36H ハイルーフ柱 ポリカーボネート屋根 CCD-W 『アルミカーポート 2台用 5136Hサイズ』 ホワイト

新品価格
¥184,000から
(2021/2/3 22:58時点)

正直結構良い値段します

価格がそこそこするので、二の足を踏む方も多いのではないでしょうか。
施行場所やメーカー、部材によって何十万円単位で金額は変わります!

カーポートやバルコニー屋根は大きなホームセンターでも、専用のコーナーがあったりします。プライベートブランドの商品なら価格が安く抑えられているものも見かけますので、是非1度検討してみてはいかがでしょうか。

ホームセンターは部材が安く、施行は協力会社というのが多く、地元の施工店は施工費は安いが大手ほど安く部材が手に入らない、というジレンマがあります。

自分で部材を安く仕入れて、直接施行店に依頼する方法が1番コストパフォーマンスが高いです!が、部材だけ売ってくれたり、施行だけしてくれるところを探すのも大変です。

そんなときはりんたろう不動産に声掛けてみてくださいね!!

室内リフォームと違い、外回りの工事なのであまり緊急性がなかったり、なくても我慢すれば生活出来る、といったこともあるでしょう。

例えるなら、ガラケーからスマホに変わったらガラケーには戻れない。使ってみたら便利で無い状態には戻れない。といった感じでしょうか。

本当に快適なので是非検討してみてください。

みんな不動産投資家になれる③

こんな疑問はありませんか。

アパートローンと住宅ローンは二つ取り組めないのでは?
アパートローンは怖いイメージがある・・・


不動産業界は融資によって生かされているといっても
過言ではないくらい、融資を使うことが当たり前の世界です。
個人でも何億円という融資を取り組む方もいらっしゃいます。

多額の借金だし、やっぱり怖い・・・となりますよね。

本日はアパートローンと住宅ローンについてです。
結論から申し上げますと、アパートローンと住宅ローンの取り組みは可能です。
ただ、借入額が多くなってしまうと
取り組めるローンの金額が減ってしまう可能性が高いので
注意が必要です。

返済比率、という言葉はご存じでしょうか。
返済比率とは【年収に占める、年間返済額の割合】です。
つまり、ご自身の年収が500万円の場合、返済比率35%ですと年間返済額は175万円
175万円(年間)÷12か月=約14万5800円(毎月返済額)
つまり、毎月返済額が15万円を超えてしまうと返済比率が悪くなってしまうので
借りられる金額が減ってしまいます。

住宅ローンの場合、この返済比率をとても重要視します。
つまり先にアパートローンを借入可能額いっぱいまで借りてしまうと
住宅ローンの借り入れが厳しくなる可能性はあります。
銀行よっては月々の収支をみて審査してくれるところもありますが
取り組める銀行が少なくなってしまうのは確かです。

じゃー、アパートローンを組んで不動産投資を始めるなんて無理じゃん!

というわけではありませんので、ご安心を。
金融機関をうまく利用して、大きな資産形成をすることは可能です。
人によって、プランが異なりますのでご興味ある方は声かけてくださいね。

りんたろう不動産
RINTAROU real estate (scsne.com)
代表取締役 角田 拓也

みんな不動産投資家になれる②

本業か副業かによって投資規模が変わってきます。
今は副業でも、ゆくゆくは脱サラをして不動産賃貸経営だけで生活することを
目標にする方もいるでしょう。

不動産投資についての書籍はたくさん出ています。
書籍の中には不労所得のような記載が見受けられますが
不動産賃貸収入=不労所得ではありません。

お金に働いてもらうとか、記載がありますが
実際働いてるのはお金ではありません。

賃料収入を得て現金を増やすシステムをお金や融資を活用し構築しているだけです。
決して何もしないで現金が増えていくことなどありません。
不労所得ではありません。

脱サラして賃貸経営だけで生計を立てようと思ったら
それなりの覚悟が必要です。
例えば今、コロナの影響で人の動きが鈍くなってテレワーク推奨の世の中が定着すれば
引っ越しする人が減り、空室が増えるかもしれません。
そういったリスクを常に考え、世の中の先を読み賃貸経営を行っていく必要があります。

本業にしたい方は、特に日々勉強が必要です。
簡単に儲かる話はありません。が、うまくいくと、とても楽しいですよ。
毎月決まったキャッシュフローが生まれていく喜びは快感です。

小さい規模から始めて、ご自身の性格に合った投資だと思ったら、どんどん規模を大きくしていって、気づいたら賃貸経営だけで本業の収入を超えていた。というのが理想ですね。

この、小さい規模の不動産投資っていくらくらいの物件を購入すべきなの?
という疑問も生まれますよね。

不動産投資の入り口はどこから入ればよいのか。
これは十人十色です。
一番大切なのは、現状の資産状況を完全に把握すること。

興味はあるが、どこから手を付けてよいかわからない。
お悩みの方は、ぜひ一度ご相談に乗りますのでお声掛けください。


りんたろう不動産
RINTAROU real estate (scsne.com)
代表取締役 角田 拓也

みんな不動産投資家になれる①

不動産投資家とは

不動産投資家は様々なスタイルがあります。
そのスタイルは以下の大きな3つの軸によって分類されます。

不動産投資は奥が深いので、ご自身の性格をよく理解し十分な資金計画のもと
始められることをお勧めします。

もちろん、当社は不動産コンサルティングを行っておりますので
不動産投資にご興味ございましたら、一緒に進めていきましょう

  1. 「インカムゲインかキャピタルゲインか」
  2. 「本業か副業か」
  3. 「一棟か区分・戸建てか」

「インカムゲインとキャピタルゲイン」

インカムゲイン → 賃料収入
キャッシュフロー(現金がいくら手元に残るか)を最大限引き出すためにはどうすべきか考え投資します。わかりやすく計画も立てやすいので、インカムゲインを重視している投資家が多い傾向にあります。
**アパートローンなどを利用しレバレッジを効かせられるので
  少ない資金で始められる傾向にあります。

キャピタルゲイン → 簡単に言うと…安く買って高く売って利益を出す
短期間で一攫千金を狙うには、キャピタルゲインです。
不動産買取会社はキャピタルゲイン狙いで購入する傾向が強いです。
**宅建業を取得していないと
  短期間の不動産売買は宅建業とみなされて処罰の対象となってしまいます。

私のお勧めは、インカムゲインとキャピタルゲインを組み合わせて投資することです。
賃料収入を得られ、数年所有しても売却時にキャピタルゲインを得られる、そんな投資です。

不動産投資は投資ですので、損をすることもあります。
ただ、間違った投資をしなければ
その確率を限りなくゼロにすることはできます。

物件選びからお手伝いいたしますので、ご興味ある方はお問い合わせください。

購入時の不動産仲介会社はしっかり比較して選びましょう。

インターネットに出ている住宅情報はほぼすべて?!
どの不動産屋でも物件情報に変わりはない??

インターネットに出ている物件が世の中の売り出し物件

『どの不動産屋さんに行っても物件情報はあまり変わりません』
変わらないのであれば、購入する際の不動産屋さんを
ちゃんと選ぶべきです!
不動産屋にいかないと物件情報を得られない時代は終わりました。
現在は物件情報を公開するシステムに変化したためです。

不動産会社とコンビニエンスの数・・・

みなさまに質問です…。
全国の不動産屋の数とコンビニエンスストアの数
どちらが多いか、ご存じでしょうか。

2018年度末時点の宅建業者数は、
約12万の業者で5年連続の増加。
全国のコンビニの数は6万軒弱です。
つまり不動産屋は、今やコンビニの2倍以上の数があります。

それなのにどの不動産屋さんに行っても同じ物件情報というのは
疑問?になりますよね。

どの不動産屋に聞いても物件は同じ?

まず、身近な不動産ポータルサイトとして
SUUMO、アットホーム、ホームズ、ヤフー不動産…etc
世の中には色々な情報が散らばりすぎています。
物件情報の見やすさや写真の掲載数に差はあるものの
物件情報自体にさほど差はありません。

この物件情報元は「REINS(レインズ)」という
物件共有データベースがあり、この情報を元に
様々な不動産屋が、あらゆるポータルサイトに転載しています。

つまり、ポータルサイトに
掲載している不動産会社に問い合わせをしなければいけないという
ことはないということです。
他社からインターネットに出ている物件も、りんたろう不動産にお任せ下さい!

購入時の不動産会社も選べる!

なぜこんなことを申し上げるかというと
購入時の不動産仲介会社は買主様が選べるということを
お伝えしたいからです。

住宅購入は一生のうち、一番大きな買い物です。

購入する際の営業マンや不動産会社は
お客様と一番相性の良いところを選択して
購入していただきたいと思っています。

物件紹介をメインにする不動産会社よりは
物件の調査や検証、なにより資金繰り・家計に合っているかを
きちんと考えてくれる営業マンから購入すべきです。

不動産会社を選ぶ権利はお客様にございます。
→→ほかの不動産会社に変えられる?変える方法は?
  こちらのページをご参照ください。


【補足】
インターネットに載せる前の新着物件や水面下の情報であれば
その不動産会社に足を運ぶしか情報を得られませんが
居住用の不動産であれば数日でインターネットに
掲載することが基本になっています。
 **収益不動産(ビル・アパート)などは水面下情報になることはあります。

物件探しは何から始めるべきか。忘れてはいけない一番大事なこと

まずは資金計画から始めましょう。

当社ではいきなり物件紹介は行いません。

家計に無理のない住宅選びが幸せな家との出会いを呼びます。

おうち探しはファイナンシャルプランナーとの相談から始めませんか。

対応エリア:富士見市・志木市・新座市・朝霞市・所沢市

      ご紹介のお客様はその他のエリアでもご対応いたします。

いきなり物件紹介を行わない3つの理由

①大事なのは好みの間取り?広さ?・・・一番大事なのは、やっぱり家計!

②インターネット上の物件情報が、世の中のほとんどの物件になりつつある

③営業主体の物件紹介は営業の利益重視になりやすい

大事なのはやっぱり家計です!

家探しのお手伝いをしていると、個々の間取りが、、、もう少し収納があるとなぁ。
といった家に対する要望はたくさん出てきます。
希望の間取りのおうちに出会うことは大事なことですが、それより優先すべきが月々の支払いが家計を圧迫していないか、する可能性がないか、という点です。

お客様に必ずお尋ねしていることがあります。
それは「家が立派で毎日質素な生活を送るのと、家はそこそこでも少し贅沢できる毎日を送るのでは、どちらが幸せ度が高いと思いますか」

家や車は見栄の象徴になることが多々あります。
ブランドのある立地や建物は確かに魅力があります。でも忘れないでいただきたいことは、今の家計に一番適した住宅選びが、将来の幸せを大きく左右するということ。

何百、何千人のお客様のお住み替えの相談を受けてきました。
その中には、幸せな相談ばかりではなく、
『家計が厳しいから家を売りたい』というご相談も多く、とてもつらい状況のお話をたくさん聞いて参りました。

どうしてここまで、家計が厳しいから家を売りたいという相談が多いのか、原因を伺いました。その原因が・・・・

収入に対して住宅ローンの支払いがギリギリな人が多すぎます!

住宅を購入時にしっかりとした資金プランニングができておらず、営業マンのセールストークによって家計に合っていない住宅を選んでしまったことが原因です。

もうこれ以上、せっかく夢のマイホームを手に入れたのに、夢が悪夢に変わるところは見たくありません。
当社はまずは資金計画(ファイナンシャルプランニング)を先に実施させていただいております。

FP相談は実質無料です

1回3000円のプランニング費用を頂戴しておりますが、当社にて不動産取引を行っていただくとFP(ファイナンシャルプランニング)相談は仲介手数料に充当させていただきますので、実質無料になります。
**ご紹介のお客様は特典で無条件に無料とさせていただきます。

FP相談前のお問い合わせはすべて無料でございます。
お気軽にお問い合わせいただき、当社の方針をご納得いただいた上でおうち探しをスタートしていきましょう!

お問い合わせはこちらから

お客様へのお約束

・りんたろう不動産は地域に根差した営業に特化しています。
・自信とプライドをもってご提案させていただきます。
・住宅購入の失敗は絶対にさせません。
・他の不動産会社様経由で紹介された物件もプランニング可能です。

りんたろう不動産が扱っているものは不動産ではなく、責任と安心安全です。