食洗機用の電気配線も、お任せ下さい!!

キッチンに食洗機を設置したいというご要望に応えました。システムキッチンに埋め込むタイプの食洗機の設置工事です。

食洗機の設置には専用の電源が必要になりますので、まずは専用電源の新設工事を行います。

専用電源を設置するには、ブレーカー(分電盤)から配線を取り出して、床下や天井裏に電線を通します。

今回、初めは天井裏を通そうということで進めていましたが、壁に通線用の穴を複数開けなくてはならず、それならば、床下からいけないか検討しました。

ユニットバス解体後の床下から配線

ユニットバスも交換するリフォームが、ありましたのでユニットバス解体後の床下にスペースがありました。

通線棒を使ってみるとキッチンと浴室が、床下の入り組んだ先に繋がっていることが判明。物理的には通線できることがわかりました。

床下に入ってみると、排水管や金物があって人が入れるスペースが無かったですが、秘密道具を使ってスイスイっと通線しました。

リフォームの際の電気工事にお困りな方、お声かけくださいませ😊

みんな不動産投資家になれる②

本業か副業かによって投資規模が変わってきます。
今は副業でも、ゆくゆくは脱サラをして不動産賃貸経営だけで生活することを
目標にする方もいるでしょう。

不動産投資についての書籍はたくさん出ています。
書籍の中には不労所得のような記載が見受けられますが
不動産賃貸収入=不労所得ではありません。

お金に働いてもらうとか、記載がありますが
実際働いてるのはお金ではありません。

賃料収入を得て現金を増やすシステムをお金や融資を活用し構築しているだけです。
決して何もしないで現金が増えていくことなどありません。
不労所得ではありません。

脱サラして賃貸経営だけで生計を立てようと思ったら
それなりの覚悟が必要です。
例えば今、コロナの影響で人の動きが鈍くなってテレワーク推奨の世の中が定着すれば
引っ越しする人が減り、空室が増えるかもしれません。
そういったリスクを常に考え、世の中の先を読み賃貸経営を行っていく必要があります。

本業にしたい方は、特に日々勉強が必要です。
簡単に儲かる話はありません。が、うまくいくと、とても楽しいですよ。
毎月決まったキャッシュフローが生まれていく喜びは快感です。

小さい規模から始めて、ご自身の性格に合った投資だと思ったら、どんどん規模を大きくしていって、気づいたら賃貸経営だけで本業の収入を超えていた。というのが理想ですね。

この、小さい規模の不動産投資っていくらくらいの物件を購入すべきなの?
という疑問も生まれますよね。

不動産投資の入り口はどこから入ればよいのか。
これは十人十色です。
一番大切なのは、現状の資産状況を完全に把握すること。

興味はあるが、どこから手を付けてよいかわからない。
お悩みの方は、ぜひ一度ご相談に乗りますのでお声掛けください。


りんたろう不動産
RINTAROU real estate (scsne.com)
代表取締役 角田 拓也