新型コロナ終息後 不動産市況はどうなる

新型コロナウイルスの影響は終息後、
不動産市場にどのような影響をもたらすのでしょう。
今現在、確実に影響は出ています。

コロナ終息後
高価格帯・富裕層向けの不動産はさらに高騰します。
株式市場の上昇・金融緩和によって資金がダブついており
不動産購入に利用すると予想しています。


日経平均株価も3万円が手に届くところまで上昇を続けています。
株価上昇によって保有資産を増やした資産家が、不動産購入にも積極的になるはずです。

では、一般的な住宅・マイホームはどうすればよいのか。
いつ売ればよいのか。
いつ購入すればよいのか。

非常に難しい局面です。
ただ、いつ売ればよいのか、という問いに対しては回答できます。

今、売りたいのであれば、売りたいときに売って良いです。
決して、今が安売りというわけではないです。

国土交通省HPにも掲載されていますが
2013年から今に至るまで、首都圏のマンション価格指数はずっと上昇しています。
したがいまして、今売却という選択は間違っていません。

なぜなら、これから下降トレンドになったとすれば天井ということになります。
まだ上昇するかもしれませんが、それはプロでも判断が難しいです。

コロナ禍の広がりによって人の流れが変わり、人々が望む住宅の在り方が変化したとき価格上昇を続けてきたエリアや物件の価格も変わっていくでしょう。
ただ、繰り返しますが高価格帯の不動産はコロナ終息後、さらに動きが活発になります。
都心部の不動産はさらに高騰するでしょう。

そう考えると、富士見市は平和・・・・
急激な高騰もなく、下落もなくのんびりしているイメージです。
最近、畑が建売住宅になっているのを見かけることが多くなってきているので
人が増えれば、不動産価格もすこしずつ上がっていくかな、程度です。


都心部の資産バブルに巻き込まれて、
せっかくのマイホームを金融資産として購入して経済動向を
常に気にしながら生活するより、のんびり富士見市に住みませんか??

みんな不動産投資家になれる②

本業か副業かによって投資規模が変わってきます。
今は副業でも、ゆくゆくは脱サラをして不動産賃貸経営だけで生活することを
目標にする方もいるでしょう。

不動産投資についての書籍はたくさん出ています。
書籍の中には不労所得のような記載が見受けられますが
不動産賃貸収入=不労所得ではありません。

お金に働いてもらうとか、記載がありますが
実際働いてるのはお金ではありません。

賃料収入を得て現金を増やすシステムをお金や融資を活用し構築しているだけです。
決して何もしないで現金が増えていくことなどありません。
不労所得ではありません。

脱サラして賃貸経営だけで生計を立てようと思ったら
それなりの覚悟が必要です。
例えば今、コロナの影響で人の動きが鈍くなってテレワーク推奨の世の中が定着すれば
引っ越しする人が減り、空室が増えるかもしれません。
そういったリスクを常に考え、世の中の先を読み賃貸経営を行っていく必要があります。

本業にしたい方は、特に日々勉強が必要です。
簡単に儲かる話はありません。が、うまくいくと、とても楽しいですよ。
毎月決まったキャッシュフローが生まれていく喜びは快感です。

小さい規模から始めて、ご自身の性格に合った投資だと思ったら、どんどん規模を大きくしていって、気づいたら賃貸経営だけで本業の収入を超えていた。というのが理想ですね。

この、小さい規模の不動産投資っていくらくらいの物件を購入すべきなの?
という疑問も生まれますよね。

不動産投資の入り口はどこから入ればよいのか。
これは十人十色です。
一番大切なのは、現状の資産状況を完全に把握すること。

興味はあるが、どこから手を付けてよいかわからない。
お悩みの方は、ぜひ一度ご相談に乗りますのでお声掛けください。


りんたろう不動産
RINTAROU real estate (scsne.com)
代表取締役 角田 拓也

購入時の不動産仲介会社はしっかり比較して選びましょう。

インターネットに出ている住宅情報はほぼすべて?!
どの不動産屋でも物件情報に変わりはない??

インターネットに出ている物件が世の中の売り出し物件

『どの不動産屋さんに行っても物件情報はあまり変わりません』
変わらないのであれば、購入する際の不動産屋さんを
ちゃんと選ぶべきです!
不動産屋にいかないと物件情報を得られない時代は終わりました。
現在は物件情報を公開するシステムに変化したためです。

不動産会社とコンビニエンスの数・・・

みなさまに質問です…。
全国の不動産屋の数とコンビニエンスストアの数
どちらが多いか、ご存じでしょうか。

2018年度末時点の宅建業者数は、
約12万の業者で5年連続の増加。
全国のコンビニの数は6万軒弱です。
つまり不動産屋は、今やコンビニの2倍以上の数があります。

それなのにどの不動産屋さんに行っても同じ物件情報というのは
疑問?になりますよね。

どの不動産屋に聞いても物件は同じ?

まず、身近な不動産ポータルサイトとして
SUUMO、アットホーム、ホームズ、ヤフー不動産…etc
世の中には色々な情報が散らばりすぎています。
物件情報の見やすさや写真の掲載数に差はあるものの
物件情報自体にさほど差はありません。

この物件情報元は「REINS(レインズ)」という
物件共有データベースがあり、この情報を元に
様々な不動産屋が、あらゆるポータルサイトに転載しています。

つまり、ポータルサイトに
掲載している不動産会社に問い合わせをしなければいけないという
ことはないということです。
他社からインターネットに出ている物件も、りんたろう不動産にお任せ下さい!

購入時の不動産会社も選べる!

なぜこんなことを申し上げるかというと
購入時の不動産仲介会社は買主様が選べるということを
お伝えしたいからです。

住宅購入は一生のうち、一番大きな買い物です。

購入する際の営業マンや不動産会社は
お客様と一番相性の良いところを選択して
購入していただきたいと思っています。

物件紹介をメインにする不動産会社よりは
物件の調査や検証、なにより資金繰り・家計に合っているかを
きちんと考えてくれる営業マンから購入すべきです。

不動産会社を選ぶ権利はお客様にございます。
→→ほかの不動産会社に変えられる?変える方法は?
  こちらのページをご参照ください。


【補足】
インターネットに載せる前の新着物件や水面下の情報であれば
その不動産会社に足を運ぶしか情報を得られませんが
居住用の不動産であれば数日でインターネットに
掲載することが基本になっています。
 **収益不動産(ビル・アパート)などは水面下情報になることはあります。